忍者ブログ
幾世代を経て伝わってきた日本の伝統文化のように、千年後でも時代に即した面白いマンガが読むことができるような世界を維持、そして発展していくために、今できることは何があるのか考えたりしていきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1971年に初めて週刊セブンティーン誌に登場した大島弓子です。

これが例の「アルジャーノン・・・」なお話ですね、当時では普通のアイデア流用といった感じで独自のアレンジも利いて、いい感じの短編に仕上がっていると思います。
PR



大島弓子が選んだ大島弓子選集 第1巻サイトによると定価:本体952円で収録作品は
「ミモザ館でつかまえて」
「野イバラ荘園」「F式蘭丸」
「すべて緑になる日まで」
「夏の終わりのト短調」
「草冠の姫」
「たそがれは逢魔の時間」
それと、
自伝小説「うしろの三人組」
という内容らしいです。

本人が選んだら、絶対に初期の短編は入らないと思っていたけれど案の定といったところでしょうか。

まあ、大島弓子・未収録で検索して来たマニアな方達だけで楽しみましょうね。
『初恋よ もういちど!』は、
近ごろ『グーグーだって猫である』の映画化で話題になっている大島弓子の単行本未収録作品で、
1969年週刊マーガレット36号に発表されました。

天沼俊先生の、ジャンプスペシャルに載ったのは、

1987 Spring Special『HAPPYさん』
1987 Autumn Special『Wブック』
1988 Summer Special『上海特務隊』

こんな感じらしいです。

あれ~?全然持ってないぞ~~~(笑)





天沼俊『すもも』がアニメ化されて、こんな本が街中の書店に平積みされている光景が見たいです~♪



天沼俊は過去にジャンプ系列の雑誌を主な活躍の場として、あの傑作『すもも』を週刊少年ジャンプで連載しました。
私はこの単行本が大好きで、新刊書店で見かけると嬉しくて「おお!よくぞ返品されずにガンバッていたなぁ!」と思って、ご褒美に買って帰りました(ゆえに3冊所有)

「天沼 俊 天TEN日記」もスタッフmomomiさんの手によって更新されています。ブログのリンクからも公式ホームページに行くことができます。

リンク:漫画家天沼俊公式ホームページ
天沼俊公式ホームページが2008年1月5日に完成しスタートしています。当ブログにもコメントをいただいています。
天沼俊先生のスタッフブログ「天沼 俊 天TEN日記」も併設されていて、日々のせんせいの様子や、たまに先生本人の生活哲学が垣間見えるご本人の書き込みが怒涛のように続いたりして目が離せません。

HP更新情報
・ ホームページ完成(2008.1.5)
・「戦空の魂-21世紀の日本人へ SS-1息子の夢」(2008.1.13)
・「戦空の魂-21世紀の日本人へ 真のエース」(2008.5.25)
・リンクのページUPしました(2008.7.16)
・「戦空の魂」飛行機一覧のページUPしました(2008.8.7)
・「戦空の魂-21世紀の日本人へ 余命12時間」(2008.7.10)



2007年09月14日のブログに書いてから約1年、コピーですが、やっと『18Rの鷹』の第1話が入手できました。
これでこの記事に書いた作品は一応すべて集まりました。
でも逆にコミックチャージ掲載のアルカイックスマイルを買い損ねたりして、一進一退といった感じですよ(笑)

貞本義行作品『LONELY LONESOME NIGHT ふりむいた夏』は少年チャンピオン1981年41号に掲載されました。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/16 天TEN]
[08/21 ギャラット]
[08/21 天沼 俊]
[07/26 天沼 俊]
[06/15 kirica]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GARRET
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】