忍者ブログ
幾世代を経て伝わってきた日本の伝統文化のように、千年後でも時代に即した面白いマンガが読むことができるような世界を維持、そして発展していくために、今できることは何があるのか考えたりしていきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『人魚幻想』はヤングレディ1977年12月27日号に掲載された4ページ作品です。

人魚幻想1

人魚幻想2


『人魚夢幻の秋のいろ』の原点と言えるイラストポエムですね・・・。

これで内田善美の基本的な作品は全部見ることができましたよ♪
PR
エイプリルフールなので、現在あまり気軽に読めないものを披露します(本日限定公開)

『人魚夢幻の秋のいろ』は週刊セブンティーン1978年47号に掲載されました。
掲載誌は国会図書館に収蔵されていないので、今回は現代マンガ図書館(内記コレクション)でコピーを入手しました。

  

『がんばれ森川くん2号』などを制作した森川幸人さんのマンガ作品集。
いつか手に入れたいです。



追記:2012年9月に、知人の協力で入手することが出来ました。

記事をご覧いただいた皆さんにも感謝いたします、ありがとうございました。
小学館クリエイティブより、2011年2月頃に『回転木馬』が出版されるそうです。

カラーページも無事に収録されるみたいなので、多くの人に美しい状態で見てもらえるのは喜ばしいことだと思います。


ところで話は変わりますが、ブログ画像からのリンクを一部整理いたしました。
アクセス解析をしていたらツイッターからいらっしゃっている方がいて、そのログを遡っていったら、ウチのブログの感想も書いてあった。

うんうん、あなたの心配はもっともだ。

近いうちにリンクの整理でもしましょうかねぇ(笑)






おおやちきの『回転木馬』は、りぼん1975年4月号から7月号にかけて連載されました。


『ファイヤー』は少年ジャンプ増刊 1976年11月10日号に掲載されました。
少年ジャンプ系に発表された作品はこれが最後になり、これ以降は少年チャンピオン系に発表の舞台を移しました。

デビューから約1年後、『カンフー用心棒』は週刊少年ジャンプ 1976年47号に掲載された作品です。
復刻本の印刷が綺麗なので、そこに感心しました。

初版(描き版)からの復刻のはずですが、思っていたより線が綺麗で、その点も意外でした。

内容はゾッキ本で読んでいたので特に言うことはありませんが、やはり絵(印刷)の美しさが当時の読者を魅了したのは疑いの無い事実だと思いました。


限定版についてくるはずの複製原画が入ってなかったこと(入れ忘れらしい)には少し動揺したけど、出版社に連絡したら、ちゃんと対応してくれました。


『キャー番長』は週刊少年ジャンプ1976年30号に掲載されました。
デビュー作の敵役だった番長を主役に配した作品で、『脂肪ゲーム』の次に発表された単行本未収録作品です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/16 天TEN]
[08/21 ギャラット]
[08/21 天沼 俊]
[07/26 天沼 俊]
[06/15 kirica]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GARRET
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】